douwadehappy

童話でHappy♪

ハッピーエンドの童話たちが あなたの気分をHappy♪にしちゃいます
週2回(水・土辺りに)更新します

雪だるま
0
    アリとキリギリス(イソップ物語より)

    どこまでも高く突き抜けそうな夏の青空のもと、アリたちは自分たちの巣へ、せっせと餌を運んでいました。

     

    ときには自分の何倍もあるような虫なども、みんなで力を合わせて運びました。

     

    汗だくで働いているアリたちを木陰でのんびり眺めていたキリギリスは、木に寄りかかりながらアリたちに言いました。

     

    「こんなに暑い日に、そんなに働いていたら体を壊しちゃいますよ」

     

    アリは、歩みを止めずに、キリギリスの方へ顔だけを向けて言いました。

     

    「夏の間に餌をたくさん巣に入れておかないと、冬に食べるものが無くなっちゃうからね」

     

    キリギリスは立ち上がり、歩みを止めないアリについて行きながら、

     

    「なるほど、そうだね。君たちは大家族だから、食べ物がいっぱいなくちゃお腹空いちゃうもんね」

     

    「そうなんです。だからこうやって、一生懸命働いてるんです」

     

    「なるほどなるほど。では、私は、あなたたちを応援いたします」

     

    とキリギリスは言って、静かな声で歌いだしました♪

     

    アリたちは働きながら、素敵な歌声に耳を傾けました。

     

    とても透きとおったキリギリスの歌声は、森を静かに流れる風のような涼しさが感じられました。

     

    おかげでアリたちは、少し暑さを忘れることができ、いつもより頑張ることができました。

     

    こうして夏の間中、アリはせっせと餌を運び、キリギリスは横で素敵な歌を歌い続けました。

     

    夏の終わりに、アリたちは、素敵な歌で応援してくれたキリギリスに、餌を少し分けてあげることにしました。

     

    「キリギリスさん、感謝を込めて、この餌を差し上げます」

     

    「ありがとう、アリさん、私はそんなつもりで歌った訳では無かったんだけど、頂けるというのであれば遠慮なくいただきます。でも、そんなにいっぱい、食べきれるかなぁ」

     

    1人で暮らしているキリギリスでは、何年かけても食べ切れないような量でした。

     

    「私たちの気持ちですから、どうぞ遠慮なさらずに」

     

    「分かりました、喜んでいただきます」

     

    そして、アリとキリギリスはお互い辛い冬を乗り越えて、また来年の夏に出逢えることを約束して別れました。

     


    やがて秋が来ました。

     

    キリギリスは自分の家で、アリからもらった大量の餌を食べながらのんびり暮らしていました。

     

    ここ何日かは、ずっと雨の日が続いていました。

     

    あちこちで、水があふれ出し、地面は川のようになっています。

     

    キリギリスの家は雨が凌げる木の枝にありました。

     

    「おや、あれは……」

     

    キリギリスの家がある木に、何匹ものアリが昇ってくるのが見えました。

     

    「おやおやアリさん、どうなされたのですか?」

     

    「あ、キリギリスさん。こんなところで会えるなんて」

     

    アリはキリギリスとの再会に少し驚きました。

     

    しかし、すぐに悲しい声で自分たちの悲惨な状態を話しました。

     

    「この雨で、巣が水浸しになってしまい、命かながら、この木に逃げてきたのです」

     

    「それはそれは、大変な目に遭いましたね」

     

    「はい、家族もだいぶ流されてしまいました……」

     

    アリたちは川のようになって流れる茶色い水を眺めながら、ガッカリとうなだれていました。

     

    少し間を置いて、キリギリスは提案しました。

     

    「もしよかったら、しばらくここで暮らしませんか?」

     

    「よろしいのですか?」

     

    「もちろんです。ここならアリさんたちからいただいた、たくさんの餌があります。しばらくは皆で暮らせるでしょう」

     

    「ありがとうございます!」

     

    アリたちはとても喜びました。

     

    「困ったときはお互い様です」

     

    と、キリギリスは言ってから「それでは、私から慰めの歌を贈らせてください」

     

    と、歌い出しました。

     

    それを聞いたアリたちは、ひとりでに涙があふれてきて、あるアリは泣き崩れ、あるアリはじっとたえながら聞いていたり、それぞれがそれぞれの思いで悲しみと向き合いました。

     

    アリたちは、ひとしきり泣きました。

     

    そして落ち着いた後も、キリギリスはいろんな歌を歌い、しばらくの間、アリとキリギリスは仲良く暮らしました。


    おしまい

     

     

    JUGEMテーマ:仕事の悩み

     

    続きを読む >>
    | 目標が見つからなくてもHappy♪ | comments(0) | - |
    雪だるま
    0
      医者に説法(江戸小話より)

       昔々、悩みを相談するとなんでも解決する和尚がいました。

       

       ある時、町で有名な医者が和尚を訪ねて来ました。

       

      「はて、お医者さま、わしはどこも悪くないが、なにようかな」

       

      「はい、和尚さま、今日は診察ではなく相談に来ました」

       

      「そうですか、では、奥で聞きましょう」

       

       二人はうす暗い寺の板の間で向き合って座りました。

       

       和尚が悩みを聴きましょうと促すと

       

      「いや実は悩みというのはですね」

       

       と、医者は言ってから、少し言い辛そうな仕草をしました。

       

       それを見て和尚は、

       

      「案ずるな、悩みは他言無用じゃ」

       

      「はっ、それでしたら〜」

       

       と、医者は後頭部の辺りに手を当てながら

       

      「実はですね、この間、病人を三人もなくしてしまいましてね」

       

      「なんと、名医と名高いあなたが、病人を三人も」

       

       と、和尚は目を見開いて言ってから「まぁ、なんだな、それはその病人の寿命だったのかもしれないな。どれ、成仏できるようお経をあげてやろう」

       

       数珠を構えた和尚に医者は慌てて「いや、いや、和尚さま、そうじゃないんですよ」

       

      「そうじゃない、じゃぁ、なんじゃ」

       

      「なくしたという言い方が悪かったですね。病人は、三人とも病気が治ってぴんぴんしております」

       

      「なんじゃ、そりゃ良かったじゃないか、なにを悩むことがあるのか」

       

      「病気が治ったことは良かったんですが……」

       

       言いづらそうにしている医者に和尚は「なんだ、はっきり言ったらどうじゃ」

       

      「はぁ」


       と、医者は、力なく返事をしてから言いました。

       

      「患者がいなくなってしまいまして、その……、明日からの生活が、ままならないというありさまでして……」

       

      「ほうほう」

       

       と、和尚は状況が分かったらしく次のように言いました。

       

      「つまり、お医者さまが名医なばっかりに、病人が来てもすぐに病気を治してしまうから、生活できるだけの銭が稼げない、と言うのじゃな」

       

      「さすが和尚、その通りでございます」

       

      「なんとも、切ない悩みじゃのぉ」

       

       和尚は坊主頭を擦りながら言いました。

       

      「はぁ、面目ありません」

       

       医者は後頭部に手を当てて、恥ずかしそうに頭を下げ、「かと言って、病人からいただく銭を上げるのも気が引けまして……」

       

      「ふむふむ」

       

       と、和尚は大きく頷き「分かった」と言ってから続けました。

       

      「それではお医者さま、わしは、治療費を上げずとも、あなたが生活できるような知恵を授ければ良いのじゃな」

       

      「はい、良いお知恵がありましたら、ご教授いただければ幸いです」

       

      「ふむ、まぁ、簡単なことじゃ」

       

      「は、そうですか」

       

      「つまり、あなたは名医だから、生活ができるくらい銭が貯まる前に病人が治ってしまうのじゃな」

       

      「はい」

       

      「名医ならではの悩みじゃ」

       

      「はい」

       

      「他の医者がそれを聞いたら、どう思うだろうな」

       

      「そうですね……」

       

       医者は小首をかしげ考えてから「やっかみますかな」

       

      「そうじゃな、やっかむ者もおるかもしれんな。それ以外はおらぬか」

       

      「そうですねぇ……」

       

       医者は、右手を後頭部に当てながら考えて「羨みますかな」

       

      「そうじゃな、羨むものも出てくるじゃろうなぁ」

       

       と、和尚は言ってから、身を乗り出しました。

       

      「ところで、お医者さま」

       

      「はい、なんでしょう」

       

      「皆がやっかんだり、羨んだりする名医が、あなたの前にいらっしゃったら、あなたはどうしたいと思いますか」

       

      「どうしたい…ですか……」

       

       と、医者は考えました。

       

       そして、

       

       ───はっ!

       

       と、何かひらめいたように、両目を大きく開けました。

       

      「私なら、その名医に教えを乞いたいと思います」

       

       和尚は落ち着いた表情のままで、

       

      「そうじゃろな、そんなに、あっという間に病気を治す医者の技術は、銭をいくら払ったって学びたいものじゃ」

       

      「確かにそうですね。つまり私は、医者の学校を開けばいい、と和尚さまはおっしゃりたいのですな」

       

      「さすがは名医、勘がいい」

       

       和尚は笑顔で言いながら「あなたの技術が伝われば、助かる命も増えるであろう」

       

      「なお良し、ですね」

       

       医者は「ありがとうございました」深々を頭を下げ、喜んで帰って行きました。

       

       和尚は医者を見送ってから、

       

      「なんとも贅沢な悩みじゃのぉ」

       

       と、目を細めて言いました。

       

       

      おしまい

       

      JUGEMテーマ:仕事の悩み

       

       

      続きを読む >>
      | 目標が見つからなくてもHappy♪ | comments(0) | - |
      Happy♪を選んでね
      にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
      にほんブログ村

      最近更新したお話
      RECENT COMMENTS
      アンケート
      PROFILE
      ☆お買い物♪ お買い物♪☆
      PVアクセスランキング にほんブログ村

      童話でHappy♪のメルマガ登場!!
      メルマガ購読・解除
       

      童話・昔話・おとぎ話の「福娘童話集」

       
      このページの先頭へ