douwadehappy

童話でHappy♪

ハッピーエンドの童話たちが あなたの気分をHappy♪にしちゃいます
週2回(水・土辺りに)更新します

雪だるま
0
    小人のクツ屋さん(世界の昔話より)

    ここはお爺さんとお婆さんが長年やっているクツ屋さんです。

     

    今は、営業が終わって明かりが消えています。

     

    店内は真っ暗ですが、街灯の光が入口の窓から入って来て、

    作業台の上だけは明るくなっていました。

     

    お爺さんはいつもこの作業台でクツを作っています。

     

    いつもは営業が終わったあとは、作業台の上には

    何も乗っていないのですが、今日はなにかが乗っていました。

     

    別に、営業している訳ではないので、

    作業台になにか乗っていても問題はなさそうですが、

    そうはいかないのでした。

     

    「よいしょ、よいしょ」

     

    作業台には棚が付いていて、それを支える柱があります。

    その柱を伝って、何者かが降りてきました。

     

    その者は、街灯の光で明るくなっている作業台に降り立つと、

     

    「あれぇー」

     

    と声を出しました。

     

    そのすぐ後から、もう一人が柱を伝って降りたちました。

     

    「どうしたのさぁ、そんな間抜けな声を出して」

     

    と、言いながら、初めに降りた子の隣に立ちました。

     

    二人は、このお店に住んでいる、元気な裸んぼうの小人です。

     

    お店の営業が終わったあと、作業台はいつも二人の遊び場でした。

     

    いつもは広々としている作業台の上で、かけっこをしたりして

    遊ぶのですが、今日はなにやら物が置いてあります。

     

    「ここに物があるなんて珍しいね」

     

    一人の小人が言いました。

     

    「なんだろう、アレ」

     

    二人は作業台に置いてる物のそばに行きました。

     

    薄くて茶色い物が置いてあります。

     

    小人たちは知りませんが、それはクツを作る材料の革というものです。

     

    小人はそっと触ってみました。

     

    「あ、コレ、もしかしてお爺さんが作っているものの材料じゃない?」

     

    「あ、ホントだぁ、いつもお爺さんが作ってるやつだ、

     クツとか言ってたっけ」

     

    小人たちの周りには、いろんな形をした革がありました。

     

    「ねぇねぇ、ボク、クツ、作れるよ!」

     

    一人の小人が言うと、

     

    「ボクだって作れるさっ、いっつも上から見てるもん」

     

    二人は屋根裏に住んでいて、いつもお爺さんがこの作業台で

    仕事をしているのを見ていました。

     

    「じゃぁさぁ、今日は、これを作って遊ぼうよ」

     

    「いいね! お爺さんみたいに、作っちゃおう!」

     

    二人の小人は、薄い茶色のものを持ち上げてくっつけました。

     

    「お爺さんは、なんだか、細くてとんがったもの使っているよね」

     

    革を繋ぎ合わせる針のことです。

     

    「なんだか、棒の先に黒いものがついたやつで叩いてたりするよね」

     

    クツの底にくぎを打ちこむための金づちのことです。

     

    二人は作業台の周りを探し始めました。

     

    「あ、細くてとんがっているもの発見! よいっしょ」

     

    「叩くの発見、よっ、あー、これオモーイ!」

     

    金づちは二人がかりで持ち上げました。

     

    道具がそろうと、二人はお爺さんがやっていたことを思い出しながら、

    協力してクツを作り始めました。

     

    「これはこうやってぇ」

     

    「よっと、ここに入れればイイね」

     

    「よし、叩くよ、抑えといて」

     

    「いいよ、持ってるよ」

     

    全身を使い、作業台の上を、あっちに行ったりこっちに来たりしながら

    なんとかクツを完成させました。

     

    「ふぅー、できたね」

     

    「うん、よくできたね」

     

    「もう、外は明るくなって来たね」

     

    「うん」

     

    「疲れたね」

     

    「うん、眠いね」

     

    「うん、眠い」

     

    と言いながら、二人はちょっとフラフラしながら棚の柱を、

    よいしょ、よいしょ、とよじ登って自分たちの部屋に帰り、

    ベットでぐっすりと寝てしまいました。

     

    次の日、二人がまた屋根裏から作業台に降りてくると、

    また革が置いてありました。

     

    しかし、今日のは茶色ではなく、赤やピンクの革でした。

     

    「あ、こっちには太い棒みたいのがあるよ」

     

    「ホントだ! コレって、

     お爺さんが女の人によく渡してるやつだよね」

     

    「そうだそうだ、女の人が嬉しそうに持っていくやつだ」

     

    どうやら女性用のクツの材料が置いてあるようでした。

     

    「ボク、これ作れるよ!」

     

    「ボクだって作れる!」

     

    二人はまた協力してクツを作り始めました。

     

    革を縫い合わせたり、金づちで打ち込んだり、

    昨日も同じようなことをやりましたから、慣れたもんです。

     

    でも、クツの種類が違うので、ちょっと難しいところもあって、

    結局、クツを完成させたときは、もう外は明るくなっていました。

     

    「完成したね」

     

    「うん」

     

    「眠いね」

     

    「うん」

     

    と、言いながら、小人は棚をよじ登って屋根裏の部屋に帰っていきました。

     

    そしてまた次の日、営業が終わったあとの作業台に

    小人たちが降りてきました。

     

    「あれあれぇ」

     

    「今日も、なんか置いてあるぞ」

     

    二人が、置いてあるものに近づいて行くと、

    なにやら昨日までとは違ったものが置いてありました。

     

    「今日のは、なんか軽いね」

     

    「うん、薄いし、なんだか肌触りがいいね」

     

    肌触りが良かったので、二人は、置いてあるものにほおずりをして、

    心地いい気分になりました。

     

    「あれ、コレ穴が開いてるぞ」

     

    「あ、ホントだ、切れてて穴が開いてる」

     

    「あ、コッチもだ」

     

    「三か所穴が開いてる!」

     

    「一つは大きな穴で、その先が二つの長細い穴に分かれてる」

     

    二人は穴に、顔を入れたり、腕を通したりして

    しばらく遊んでいました。

     

    「ん? あ、これ、もしかして」

     

    「なに、なに」

     

    「こうやって、こうやって」

     

    一人の小人が、穴に頭から上半身を入れました。

     

    「ホラ、顔が出た、手も出た、ちょうどいい」

     

    「あーっ!!! これもしかして、服かも!!!」

     

    「えっ、服?」

     

    「そうだよ、ボクたちの服だよ!!!」

     

    二人は大興奮して、作業台に置かれていた二人分の

    シャツとズボンを身に付けました。

     

    「わーい、服を着たの初めてだよ!」

     

    「ボクも初めて!」

     

    「ぴったりだ!」

     

    「ぴったりだね!」

     

    服を着た二人は、向かい合ってお互いの姿を見ながら大はしゃぎ。

     

    服は全部着ましたが、まだ作業台の上には何か残っています。

     

    「あ、これ、クツじゃない?」

     

    「ホントだ! クツだ!」

     

    二人は、クツを履きました。

     

    「わーい、クツだクツだ、ボク、クツを履いてるよ!」

     

    「うん、お爺さんがいつも作ってるクツだ!」

     

    二人はクツを履いて、向き合って踊りました。

     

    「わーい、ボクらは裸じゃなーい♪」

     

    「クツだって履いているーぅ♪」

     

    「おそろいの〜ふく〜♪」

     

    「おそろいの〜くつ〜♪」

     

    作業台の上で、二人は大喜びで歌をうたってはしゃぎました。

     

     

    作業台で服とクツを身につけてはしゃいでいる小人の姿を、

    気づかれないように、扉を少しだけ開けて、

    お爺さんとお婆さんが見ていました。

     

    お爺さんは店を閉める前に切り取った革を、

    うっかり作業台に置いたまま、寝てしまったのですが、

    起きてみてクツが出来上がっていたのでびっくり!

     

    お婆さんに不思議なことがあったと話すと、

    試しに今日もクツの材料を作業台の上に置いて隠れて見てみよう、

    ということになり、二人でこっそり見ていると、

    小人が降りて来て、クツを作り始めたので二人ともびっくり!

     

    お爺さんとお婆さんは、クツを作ってくれたお礼をしようと、

    裸んぼうの小人のため、お爺ちゃんはクツを作り、

    お婆ちゃんは服を作りました。

     

    作業台の上で、大はしゃぎで喜んでいる小人の姿を、

    お爺さんもお婆さんも、目を細くして、

    満面の笑顔で見ていました。

     

     

    おしまい。

     

     

    JUGEMテーマ:創作童話

    〜この物語について〜

     

    もとのお話はコチラ

    福娘童話集(小人とクツ屋)

    http://hukumusume.com/douwa/pc/world/03/13.htm

     

     

    先が見えないと不安に感じるときがあります。

     

    いつも見慣れた場所に変化があると、特に不安に感じるときも

    あるでしょう。

     

    小人たちも、いつもとは違う作業台を見て、少し戸惑いました、

    しかし、すぐにそれらを使ってクツを作り始めました。

     

    小人たちが不安になった時間はとても短い時間です。

     

    不安よりも、これはなんだろう?

    という好奇心があっという間に湧いて来たからです。

     

    人は大人になるにつれ、悩み事が多くなってきます。

    目の前で起こっていることの、先を想像して不安になったり、

    過去の経験からまずいことが起きるかも、と考えたりします。

     

    子どもは、未来を想像する力も未熟なら、過去に経験も少ないですから、

    目の前で起こっていることそのものに興味を持ちます。

     

    いろいろ考えない分、不安になっている時間も短くて済むのでしょうね。

     

    先が見えなくて不安になったとき、

    あれこれ先を想像しないで、今、目の前で起こっていることに

    集中してみると、けっこうあっさりと消えていくかもしれません。

     

     

    今日のHappyポイント♪

    『 なにが起きているのか? そこに注目! 』

     

    | 先が見えなくてもHappy♪ | comments(0) | - |









    Happy♪を選んでね
    にほんブログ村 小説ブログ 童話・児童小説へ
    にほんブログ村

    最近更新したお話
    RECENT COMMENTS
    アンケート
    PROFILE
    ☆お買い物♪ お買い物♪☆
    PVアクセスランキング にほんブログ村

    童話でHappy♪のメルマガ登場!!
    メルマガ購読・解除
     

    童話・昔話・おとぎ話の「福娘童話集」

     
    このページの先頭へ