どうにかわたしはHappy♪です

『子育て』や『人間関係』『人生こんなはずじゃなかった』など、少しメンタルに疲れが出ているアナタに、ちょっぴりHappy♪ビタミンをお届け♪

1+ 1=2は間違いだね

今回のお話

今は、図工の時間です。

生徒たちは、粘土で動物を作っています。

手を上げる少年

「先生!」

ひとりの男の子が、手をあげて呼んでいます。

「どうしました?」

男の子に近づくと、目を輝かせながらこう言いました。

「ボク分かったよ」

「なに、なに?」

すると男の子は得意げにいいました。

「1+1は2は間違いだね〜」

「ん?」

この子は、何を言っているのでしょう?

私が、首を傾げていると……

「だって……」

と、粘土を2つにちぎり、

「ここに1つの粘土と1つの粘土があるでしょ?」

「うん、あるね」

「これをね」

と、男の子は机の上の粘土を2つくっつけて、

「ほら、2つをたしたら、1つの粘土になったよ」

と、満面な笑顔を向けて、言いました。

 

( ゚д゚)ハッ!

 

この子に、あなたはなんと声をかけますか?

コメント欄に書いてくださいね。

 

因みにこのお話は、発明王エジソンの子どもの頃の逸話を元に作りました。

 

ソニーの創業者、井深 大 氏はこう言っています。

『常識と非常識がぶつかたときに、イノベーションが生まれる』

発想力を持てる子に育てたいですよね〜

 

最後に、にっこり川柳

「食べざかり 大きなおにぎり 食べにくい」

小分けにしてね

 

また次回〜♪

画像:くりむ/illustAC